三村田会計事務所

MENU

業務効率を上げるパソコンを使った会計ソフトの処理を親切丁寧に指導します

会計ソフト導入支援

  • 簿記の知識がない。
  • 会計ソフトの入力経験がない。
  • パソコン操作をうまくできるか自信がない。

ご心配はいりません!

パソコンが苦手な方でも、家計簿感覚でご入力できます。
効率性・利便性は、手書きの帳簿の比ではありません。

お客様の会計能力に応じ、段階を踏んで、自計化へと導きます。

ご安心下さい。当事務所で専門の税理士やインストラクター資格保有者がお客様が使いやすいように設計・設定して簡単に使えるようにいたします。

※当事務所スタッフが弥生会計について丁寧に教えさせていただいています
弥生会計支援について

会計ソフト導入(自計化)のメリット

自社で入力するので、会社の内容をタイムリーに把握できる。
日常的に入力を行うことにより、会社の業績がすぐに把握できます。
資金繰りの状況を把握でき、今後の業績見通しを立てることができる。
直近の数値で分析できるため、今後の打つべき対策が見えてきます。
自社で入力することにより、外部の人間が把握できない取引の詳細まで、よりきめ細かな経理ができる。
資料の正確性が向上します。更に、より正確な勘定科目を細分化することにより、売上や経費の分析ができます。
会計事務所の料金が安くなる。
入力代行がないので料金が安くなります。

会計ソフト導入(自計化)のデメリット

①経理のために、人を雇わなければならなくなる。入力をする人がいない場合は、自分で入力することになるので、本来の仕事に専念できなくなる。

②自計化を行うにあたり、ソフトを購入したりと新たな設備投資が必要となる場合がある。

会計ソフト導入(自計化)まとめ

以上のように、メリット、デメリットがありますが、社長が1人や従業員が少ない会社の場合などは、経理に手をかける時間を考慮すると、会計事務所に丸投げした方がメリットがあります。

建設業のように、利益が把握しにくい業種は自計化して会計事務所のアシストを受けることで利益が把握できます。
さらに現場ごとの利益も把握できれば、経営にとって非常に大きなメリットになります。

※自計化とは

お客様のパソコンに会計ソフトを導入して、お客様自身が日々の取引記録を会計ソフトに入力し、常時、財務状態を把握することが可能となる体制を整えることをいいます。

当事務所は、テレビなどでおなじみのTKC全国会の会員です。
TKCの財務会計システムソフト、その他、弥生会計など市販されているソフトにも対応いたします。

来所での入力説明・お電話での質問等は何度でも無料ですので、専門スタッフがしっかりサポートさせていただきます!

ページの
トップへ